SourceEditor 2005を別のPCへ移す

もしも、現在使用しているSourceEditor 2005をこのような理由から別のPCに移動させたい場合は、次の手順で行うことができます。ただし、Javaのランタイムが5.0系までであるという条件付です。6.0系になると、この方法は使えなくなります。

※元PCから新PCへの移動を考えます。ユーザー名は、元PCはold、新PCはnewとします。
1.データのバックアップ
元PCからSourceEditor 2005のデータを取り出します。場所は、

C:\Documents and Settings\old\Application Data\Sun\Java\Deployment\cache\javaws\http\Dsqs.cmr.sfc.keio.ac.jp\

にあります。ここにあるファイルをすべてバックアップしてください。「Java」のフォルダをコピーするのが楽です。

2.データのリストア
バックアップしたデータを、新PCのユーザー名を変更したフォルダに保存します。

C:\Documents and Settings\new\Application Data\Sun\Java\Deployment\cache\javaws\http\Dsqs.cmr.sfc.keio.ac.jp\

になります。フォルダ名には注意して下さい。

3.ショートカットの作成
新PCで、SourceEditor 2005を起動するためのショートカットを作ります。まず、保存した場所から少し進んだフォルダを開いてください。

C:\Documents and Settings\new\Application Data\Sun\Java\Deployment\cache\javaws\http\Dsqs.cmr.sfc.keio.ac.jp\P80\DMsqs-core2005\DMapp

SourceEditor 2005 JNLP file copy

ファイル「AMSourceEditor.jnlp」をコピーします。

SourceEditor 2005 shortcut

(例えば)デスクトップ上にショートカットを貼り付けます。

4.ショートカットを実行する
出来上がったショートカットをダブルクリックすると、元PCと同じSourceEditor 2005が動きます。