「SourceEditor2005」カテゴリーアーカイブ

sourceeditor2005

SourceEditor 2005を別のPCへ移す

もしも、現在使用しているSourceEditor 2005をこのような理由から別のPCに移動させたい場合は、次の手順で行うことができます。ただし、Javaのランタイムが5.0系までであるという条件付です。6.0系になると、この方法は使えなくなります。

※元PCから新PCへの移動を考えます。ユーザー名は、元PCはold、新PCはnewとします。
1.データのバックアップ
元PCからSourceEditor 2005のデータを取り出します。場所は、

C:\Documents and Settings\old\Application Data\Sun\Java\Deployment\cache\javaws\http\Dsqs.cmr.sfc.keio.ac.jp\

にあります。ここにあるファイルをすべてバックアップしてください。「Java」のフォルダをコピーするのが楽です。

2.データのリストア
バックアップしたデータを、新PCのユーザー名を変更したフォルダに保存します。

C:\Documents and Settings\new\Application Data\Sun\Java\Deployment\cache\javaws\http\Dsqs.cmr.sfc.keio.ac.jp\

になります。フォルダ名には注意して下さい。

3.ショートカットの作成
新PCで、SourceEditor 2005を起動するためのショートカットを作ります。まず、保存した場所から少し進んだフォルダを開いてください。

C:\Documents and Settings\new\Application Data\Sun\Java\Deployment\cache\javaws\http\Dsqs.cmr.sfc.keio.ac.jp\P80\DMsqs-core2005\DMapp

SourceEditor 2005 JNLP file copy

ファイル「AMSourceEditor.jnlp」をコピーします。

SourceEditor 2005 shortcut

(例えば)デスクトップ上にショートカットを貼り付けます。

4.ショートカットを実行する
出来上がったショートカットをダブルクリックすると、元PCと同じSourceEditor 2005が動きます。

SourceEditor 2005でPDFファイルが作成できない

今更必要ないのかもしれませんが、SourceEditor 2005を動かす必要があったため、公式ページの2005版よりインストールしました。ところが、以前といくつか様子が異なり、PDFファイルのプレビューや書き出しができなくなっていました。試験用の環境を用意して試してみたところ、いずれも無理でした。

●動作の違い
  • SourceEditor 2005のアイコンが、スタートメニューに登録されない
  • JRE 1.4.2のインストール方法が変わっていた。
  • PDFファイルのプレビューや書き出しの際には、Null…のエラーも発生しない
●試した環境

 

そこで、試験用に保存しておいたSourceEditor 2005を動かしたところ、こちらは無事にPDFファイルを作ることができました。不思議に思い画面をよく見ると、両者は少々異なるモノのようです。これが原因でしょうか。

Source Editor 2005 official screenshot
公式からインストールしなおした版

Source Editor 2005 old version ?
以前にインストールしておいた版

2.0系と2005系の違い

SourceEditorとMarkReaderには、「2.0」系と「2005」系があります。2005系はその名のとおり古い系統であり、現在は2.0系に開発が移っています。2.0系は使い勝手や機能が飛躍的に向上しましたが、利用者の目的によっては、古い2005系が役に立つときもあります。その理由は、SQSの開発体制が無償の好意で成り立っているために、最新版に不具合が起こったり機能多寡で使いにくくなったりするためです。

ですから、2005系の単純な集計結果が欲しい場合は、無理に2.0系に移る必要はないと考えます。もしも移行を考えている場合は、2.0系が2005系の機能をすべて継承しているわけではないことを考慮した上で、目的に応じられるかどうかを判断してください。

■SoureceEditor
2.0系 2005系
PDFファイルの出力 画面上のボタンをクリック 一度、PDFファイルを出力してから該当ファイルを開く(新しいJREによるバグがおきるため)
■MarkReader
2.0系 2005系
結果の一覧表示 ページに分けて表示 一度に表示
グラフの表示 有り 有り
集計結果やグラフのコピー 有り 有り
クロス集計
(設問をクラス別に比較するなど)
有り 無し
複数のPCを利用した集計の高速化 有り
(設定が困難)
無し
読み取り精度の変更 簡便 困難
異常データの検出 簡便 困難
異常データの修正 簡便 困難
集計元データの二次利用 Excelファイル、CSVファイル CSVファイル
集計結果の閲覧 SQSが必要 SQSは不要
その他 Internet Explorer6以下では、結果が表示されない。

「PDFで印刷原稿をプレビュー」 ボタンを押すとエラー「java.lang.NullPointerException」が表示される

SQS Error 「java.lang.NullPointerException」

JREのバージョンの違いによって起こります。SourceEditorが要求する「Java Runtime Environment 1.4.2」の「13」をインストールすると機能するようになります。古いバージョンは、http://java.sun.com/products/archive/index.htmlよりダウンロードすることができます。(項目「J2SDK/J2RE – 1.4」の「1.4.2_13」) ※古い版には、安全性の面で問題が含まれている場合があります。