研究を発表する機会

 研究者には、何らかの問題について研究することと、その研究を発表する仕事があります。ひそかに楽しむ研究?もありますが、私の場合は、社会に貢献できるモノを提供したいと考えています。

仙台駅, Sendai station in Miyagi pref.
 街中で突然「今から発表しま~す!」と言っても伝わらないので、自分が所属している場所(大学や学会など)で発表します。場所や方式は多岐にわたり、講堂のような大きな場所で演説のように話したり、小中学校の教室のような広さの場所で、持ち時間15分くらいで話をしたりします。

ポスター発表, Poster presentation
 今回は、ポスター発表という形式で発表をしてきました。ポスター発表の場合は、60分や90分といったゆったりとした時間の中で、自分の研究に興味を持っていただいた方に直接話をすることができます。その分、熱の入った話ができますし、その分、興味を持っていただけないと、ぽつーんと一人立ったまま時間が過ぎていくことになります。今回の会場では、ゆったりめの教室に机もネットも貸していただいて、熱を入れながら発表させていただきました。

研究を実践する機会

 私は、研究活動として「VVC:Value aided Video and Communication」と名付けているソフトウェアの開発をしています。VVCは、映像の各場面にコメントや写真・リンクなどを添付して、その場面を指し示しながら閲覧できるソフトウェアです。狙いは、映像を場面ごとに分析することで、その意味を解釈したり、他者の評価を混ぜ込んだりして、映像とそこに生じる対話により、新しい成果、価値を生み出そうというものです。

 映像を学校の先生の授業風景にすると、授業研究に使えます。映画やニュースにすると、メディアリテラシーにも使えます。映像は、自分で撮影したものや、YouTubeから借りることができます。

 今回は、大学のPC教室を使ったセミナーで使用していただくことができました。題材はCM分析で、eラーニングと連動した試みです。ご協力いただいたセミナーの皆様、ありがとうございます。

VVCの準備が整ったPC教室, the PC room where VVC was ready.
 セミナーの準備を終えた教室の様子。自分が作ったものを使用していただけるのは、とてもうれしいものです。しかし同時に、正常に動くかどうか・・・、常に不安が付きまといます。

VVCによる実行例, VVC demonstration with VVCex and VVCweb
 左上は映像、右側は映像の時間に沿って付けられた/付けることができるコメントやリンクが並ぶ表。これらが連動することで、新しい成果を生み出すことが期待できます。

2018夏のプログラミング体験教室は終了しました

2018夏のプログラミング体験教室にて, 2018 programming challenge in summer
2018年夏のプログラミング体験教室は、「おとな版」「子ども版」共に、無事に終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。また、本日ご都合にてご参加いただけなかった方々には、また別の機会にてお会いできればと思っております。

プログラミングは難しい!?
それは確かだと思います。しかし、機械ってどのように考えるのだろう?を知る機会から、プログラミングは自分で機械を操る力になると思っています。今回の体験教室では、「体験」と名を付けておりますように、ふれること、知ることを重視した時間にいたしました。いかがだったでしょうか。

ただ、台風12号の接近に伴い、子ども版の時間を30分くり上げることになりました。天災とは言え、大変失礼いたしました。台風の被害は、できるだけ少なることを願いつつ。

2018夏のプログラミング体験教室を開催します終了

プログラミング教室の募集を始めました

2018夏のプログラミング体験教室(いこーよに掲載中), programming challenge by ToLab

 プログラミング体験教室の募集を始めました。
子供とお出かけ情報「いこーよ」さんでも、掲載をしていただいています。
保護者と自分のパソコンで挑戦! 夏のプログラミング体験教室の基本情報(「いこーよ」さんの記事)

こちらのリンクより、ご案内いたします。
2018夏のプログラミング体験教室を開催します

トラボが贈る「トラボ教室」。コンピュータを使って子どもと一緒に学び育つための活動をしています。