PCでアンケート集計支援

アンケート調査の結果を計算機で集計しましょう

学校の成果を客観的に問われる時代です。客観的かどうかは、数値で示すことが一番の近道です。数値と聞くと「子どもの成績」が一番に思い浮かびますが、それに加え、先生および学校そのものについての評価が求められるようになります。

欧米では、学校の運営状況を正確に示した上で、そこで育まれた子どもたちの評価をインターネット上で公開しています。そうすることにより、学校と子どもとの関係がより明確になり、具体的な支援策が見えてくるようになるわけです。「人が足りない」のか? 「物が足りない」のか? そうでなければ、「教員の資質が足りない」のか? などを誰もが同じように読み取り易くなります。

区切り

そのための資料として、子どもや保護者は無論、学校に関わる多くの方々へのアンケート調査を行います。そして、その集計に威力を発揮するのが、オープンソース形式で開発と公開が続けられている「SQS:Shared Questionnaire System」です。

SQSは、普通紙を使ったマークシート形式のアンケート調査が行え、それを集計する機能を持っています。これにより、アンケートを回収した後の過酷な集計作業をかなり軽減することができます。また、学校評価への利用に留まらず、「マークシート形式で答えた内容を集計してくれる。」わけですから、様々な場面で活用できます。

SQSの作例
SQSによるアンケート用紙の作例

SQSの集計結果例
集計結果の一部

トラボでは、学校の作業が軽減すれば子どもたちに使える時間を増えることも狙い、依頼のあった学校でSQSを利用できるようになるための講習会、および、その後も継続できるための支援を行っております。

  1. SQSのインストール(インターネットを利用する必要があります)
  2. アンケート用紙の読み取り機の準備(ページスキャナなど)
  3. アンケート用紙の作成(SQSを使用)
  4. アンケートの集計(SQSを使用)

トラボが贈る「トラボ教室」。コンピュータを使って子どもと一緒に学び育つための活動をしています。