toshikazu のすべての投稿

2019年いちばんの部分日食

部分日食, a partial solar eclipse.
 雲で覆われた空、もう最大食はとおに過ぎた頃、少しだけ太陽が顔を出しました。すぐさま安全眼鏡をかけて太陽を見ると、「おぉ、かけてる!」と見ることができました。

部分日食, a partial solar eclipse.
 相変わらず、その姿をカメラに収めることは・・・叶いませんでしたが。自然現象はすばらしいです。

国際宇宙ステーションの軌跡

国際宇宙ステーション, ISS:International Space Station
 ISS:International Space Stationは、地上から約400km上空にある宇宙の実験施設です。宇宙飛行士が数人常駐していて、無重力を生かした様々な実験が行われています。ISSは地球を約90分で一周してしまう速度(時速約27,600km)で飛んでいて、時には地上からその様子を見ることができます。その軌跡をずーっとカメラに収めると、こんな光の帯となって残ります。

国際宇宙ステーション, ISS:International Space Station
 失敗すると、こんな感じにボケボケ写真に・・・。ひさしぶに天頂を越える軌跡だったので、喜びながら撮ったのが敗因でした。

●「きぼうを見よう」(公式サイト)
 JAXA:宇宙航空研究開発機構のサイトからISSの予想軌道を確認することができます。

白い月と赤い火星

白い月と赤い火星, a white Moon and a red Mars
 地球の衛星お月さんと、太陽系の迷い星の火星。2018年10月18日の南の空、上弦の月を過ぎてぷっくり感が出てきた白い月と、赤く小さく光る火星が見えました。このとき、お月さんは地球から約40万km先。火星は約1億km先。色はずいぶんと違いますが、どちらも太陽から届く光です。

研究を発表する機会

 研究者には、何らかの問題について研究することと、その研究を発表する仕事があります。ひそかに楽しむ研究?もありますが、私の場合は、社会に貢献できるモノを提供したいと考えています。

仙台駅, Sendai station in Miyagi pref.
 街中で突然「今から発表しま~す!」と言っても伝わらないので、自分が所属している場所(大学や学会など)で発表します。場所や方式は多岐にわたり、講堂のような大きな場所で演説のように話したり、小中学校の教室のような広さの場所で、持ち時間15分くらいで話をしたりします。

ポスター発表, Poster presentation
 今回は、ポスター発表という形式で発表をしてきました。ポスター発表の場合は、60分や90分といったゆったりとした時間の中で、自分の研究に興味を持っていただいた方に直接話をすることができます。その分、熱の入った話ができますし、その分、興味を持っていただけないと、ぽつーんと一人立ったまま時間が過ぎていくことになります。今回の会場では、ゆったりめの教室に机もネットも貸していただいて、熱を入れながら発表させていただきました。